40代疲れやすくなったら読むブログ

40代疲れやすくなったら読むブログ

40代疲れやすくなったら読むブログ


HOME >> 元々、乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作



元々、乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作


元々、乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作り出すという部分では共通していますが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢酸などといった強い殺菌力のある成分も作り出す力があるのだそうです。

そう考えても、ノロウィルス対策に適しているとしているのですね。



ここ最近は、あちらこちらで、色々な感染症についての話を聞くので、意識しながら摂るといいかもしれません。赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、きわめて大変なことに陥ります。まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、そうなると命を失うこともあり得るでしょう。インフルエンザが広がっている時には、連れて出ない方が確実かもしれません。娘のインフルエンザの予防注射に通院しました。
注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射をされています。

予防接種の後は怖かったーと表現していました。もっと怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も伝えれませんでした。

おなかの環境を正しく整えると肌の調子がよくなると聞いて、ヨーグルトを一生懸命食べていた私ですが、そのじつ、ヨーグルト同様にお味噌や納豆といったものも乳酸菌を含む食品らしいのです。



「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。これではちょっと恥ずかしい思いです。
ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまってクリニックに行きました。



何日くらい潜伏期間があるものなのかはっきりしませんが、インフルエンザの人とどこかで一緒になってうつったのだろうと考えています。

3日間にわたって高熱が続いて大変な思いをしました。インフルエンザは高い熱が出続けるので、いつもの風邪より大変ですね。

乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルト。


昔、白血病になり闘病経験がある渡辺謙さんのCMでも有名です。見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドでまぶしい活躍をしているコマーシャルにおける渡辺謙さんのお薦めをみていると、大きな効果が期待できそうなような気がします。私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、すぐに思い浮かぶのは何と言ってもビオフェルミンです。



まだ小さかった頃から知られていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、いつだって私のお腹を守ってくれていました。「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはビオフェルミンとなります。
近頃は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。年々予防注射を実施する人も増えてきているようですが、都市部ではかなりの人数がインフルエンザになっています。
感染経路は様々考えられますが、特に電車や街中、仕事先など、大人数と触れる場所で感染をしているのだと思います。以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が経験したのは、かなりたくさん食べないと、あまり効かない感じがします。1日に1パック位食べて、お通じがようやくあるぐらいです。ヨーグルトが大好きな人はいいですが、嫌いな人も、ジャムを入れたりして、なるべく食べるようにするといいかもしれません。



アトピーにいいと言われている入浴剤をサンプルで頂きました。あらゆるものがそうですが、実際、試しに使用してみないと品定めできないものです。その入浴剤はよく肌に馴染んで、使用感が良好でした。

痛みを感じることもありませんし、皮膚がつっぱるような感覚もなくて、非常にしっとりします。

関連記事です




Copyright (c) 2014 40代疲れやすくなったら読むブログ All rights reserved.

▲TOP